波形

MOMO_Peliのページ

                 葉 和名 モモイロペリカン
(P.onocrotalus)
  葉 名前 人によっていろいろな名前で呼ばれている。
1996年のTVに出演した当時世話をしていたお年寄りがこのペリカンを「カン」と呼んでいた(2011年1月の番組で再度このペリカンを取り上げていた)。地元の人は「カンちゃん」と呼んでいるらしい。現在世話をしている人は何と呼んでいるのかは不明?
ここを訪れる人は「モモちゃん」とか「ぺりちゃん」とか「カンタくん」と呼んでいるらしいが、ネット上のブログではときわ公園の「カッタくん」を連想してか「カンタくん」と呼んでいる人が(連鎖的に)多数派。
  葉 性別 ♂らしい。
  記事 1994年ごろから吉高機場に居るらしい。
(飼えなくなって放鳥された模様)
「日本の野鳥590」初版2000/11の写真モデル。
「日本の野鳥650」初版2014/1の写真モデル。
「日本の野鳥 (山渓ハンディ図鑑)」の増補改訂新版 2011/12の写真モデル。
「日本の野鳥 (山渓ハンディ図鑑)」の新版 2014/1の写真モデル。

寿命は25年〜30年、飼育鳥は50年ぐらい生きるものがあるらしい。

新聞記事2010/1/20

    
  特徴  (引用:BIRDER 1999年 5月号 この個体のレポート)
  裸出部の色 
   (1) 嘴、腮嚢、目の周り、目先は黄色で、嘴の側部は暗灰色をかぶっている。目の周りから目先は大きく皮膚が裸出しており。額の羽毛との境界線が深いV字型になっている。
額がふくれあがり、嘴峰のラインと明瞭な角度を形成している。
目の周りから目先は繁殖期には♂で桃黄色、♀でオレンジ色であるが、本個体はまだ繁殖期の色彩を獲得していない。
   (2) 虹彩は赤いが、野外では黒目に見える。
   (3) 足は肉色。
  羽毛
   (1)  風切と初列大雨覆を除き、上面、下面とも白く、胸が黄色を帯びている。尾も白く、小翼羽も白いようである。冠羽はなだらかに垂れ下がっている。
上面に灰褐色の幼羽が認められないことから成鳥と断定。胸に黄色のパッチが認められること、冠羽が伸びていることから、少なくとも一部は繁殖羽を獲得していると言える。
   (2) 風切と初列雨覆は黒く、初列風切では羽先に白い明瞭な羽縁がある。羽毛の重なりにより黒い軸斑の一部が隠され、次列風切の上面はバーコード状に見える。風切の下面は一様に黒い。
  大きさ
    全長は140〜175cm。
   
 (2017/3/12)
  (2017/3/10)
 (2015/11/21)
 (2015/6/9)
 (2014/10/24)
直射日光の元、咽喉嚢を震わせて熱を発散(2014/7/20) 
 (2014/1/29)
台風26号の大雨で水かさが増し冠水(写真は吉高機場)
(2013/10/17)
今日は久しぶりに飛ぶペリカンを見た
(2013/10/17)

 船外機の上で羽繕い
(2013/5/2)
 
小魚漁の舟の舳で
(2012/11/22)

今日は久しぶりに飛んでいるのが見られた
(2012/9/26)

 餌を貰えていないのか道路際に出てきていた
(2012/2/17)

 
 2011/11/25

モモイロペリカンと
ペリカンのいる吉高機場の地震の被害状況(2011/3/25)

2010/11/28 ペリカンの飛び出し

2010/3/18
餌が貰えていない時は車道に出てくることがある。
吉高機場付近を通るときはペリカンに要注意 !

2009/11/8
モモイロペリカン近況(2009/11/3)
モモイロペリカン近況(2009/7/19)
モモイロペリカン近況(2008/10/26)
モモイロペリカン近況(2006/11/18)
モモイロペリカン近況(2005/12/31)
モモイロペリカン近況(2004/12/11)




(2000.3.5)

丸くなるモモイロペリカン。
魚は漁師のおじさんからもらっている。
魚を捕るのは下手。
(1999.5)
モモイロペリカンの後姿。
漁師のおじさん、おばさんと。
船に乗せてもらって一緒に漁に。
モモイロペリカンがいつもいるところ(遠景)。
船の上の白いかたまりがペリカン。


トップ


波形